Winning Heroine

美少女×スポーツに夢中。

ドイツのサッカーは世界一ィィィィ!

FIFA U-20女子ワールドカップもついに決勝を迎えました。
先だって行われた3位決定戦は、フランスが北朝鮮を下して3位。
カナダにはフランス系住民も多いですし、フランス語も第二公用語なので戦いやすかったのでは。

そして最終決戦はナイジェリアvsドイツの戦い。
先日のブラジルW杯で男子サッカー界の頂点に立ったドイツ。
女子代表も、それに負けじと見事に優勝を果たしました。

偶然にも、ブラジルW杯と同じく、延長戦での劇的な1-0決着。
試合を追うごとに強さを増し、勢いをつけてきたナイジェリアに決定的チャンスを何度か与えはしましたが、最後まで耐え忍んでの決勝ゴールはお見事でした。

得点王&ゴールデンボールに輝いたのはナイジェリアのAsisat OSHOALA選手。
北朝鮮戦で4ゴールを決めるなど、爆発したら手が付けられないアフリカ勢の特徴をいかんなく発揮してくれました。

最優秀GKはドイツのMeike KAEMPER選手。
ドイツは本当に優れたゴールキーパーを多数輩出していますが、これもお国柄なのでしょうか?
セービング能力だけでなく、ポジショニングやコーチングも良く、将来が楽しみな選手。

日本代表が出場していなかったため、国内での関心はありませんでしたが、次回こそは出場権を得てほしいですね。
また、来年のカナダでのA代表女子ワールドカップの会場でもあったモントリオールのオリンピックスタジアムの雰囲気がとても素敵でした。
環境も整備され、観客の方々もノリが良く、非常にスムーズな試合進行だったのではないでしょうか。
男子のワールドカップもカナダ開催が検討されているという報道がありましたが、現実になる日もそう遠くないような気がします。