読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winning Heroine

美少女×スポーツに夢中。

美人すぎるサッカー選手! イングランド編

女子サッカー

ネット界隈では「美人すぎる●●」的な特集で人気に火がついたりする例が後を絶ちませんが、やはりその多くは過酷な職業とは裏腹に可憐な容姿というギャップが受けているのではないでしょうか。
サッカー選手もその例に漏れず、フィジカルが要求される過酷なスポーツであることに違いはありません。
そんな中でフィールドに咲いた花、サッカーの母国イングランドから可愛いプロサッカー選手を独断で紹介します。

◆コーディ・アップルビー(Codie Applebee)
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC、通称WBAで知られるプレミアリーグのレディースチームに所属する17歳。

正真正銘のプロサッカー選手でありながら、なんとミス・イングランドの決勝大会(2014年)に進出したという美貌の持ち主!

おしゃれが好きな普通の女の子だけど、サッカーが本当に好きで泥だらけになるのも厭わないほどサッカーに夢中だそうです。
女子サッカーの知名度を上げるため、そして若い女の子たちを鼓舞するためにこのコンテストは良い機会だ、と捉えているそう。
健気でかわいすぎる…!

◆コーラル・ベアリー(Coral Beary)
レイトン・ユナイテッドのレディースチームでキャプテンを務める18歳。ポジションはセンターMF。
こちらも2012年のレスター代表としてミス・イングランドの決勝まで残ったプリンセス。

この写真だけ見ると、とてもサッカー選手とは思えないキュートさ。

コンテストには友人に冗談で指名されて出場し、決勝に残ってしまったのだとか。
中学生の時に、突然ガーリーになったけれど、サッカーはあきらめていなかったと話す彼女。
コーディとも共通するのはやっぱり、二人ともサッカーが大好きだからこそ続けてこられたという事。


二人とも、残念ながらコンテストでの優勝は逃してしまったけれど、サッカーをしているときの姿はきっとどの女の子よりも輝いてるはず!
イングランド女子のフットボール魂にこれからも大いに期待したくなります。