Winning Heroine

美少女×スポーツに夢中。女子スポーツに関する漫画・アニメ・ゲームを紹介します。

2021年 女子スポーツ漫画・アニメ総括

2021年も残すところあと1日。

今年の女子スポーツ関連作品は、例年以上の豊作となりました。
コロナ禍というスポーツ界にとっては未曾有の危機的状況でしたが、東京オリンピックパラリンピック開催による効果か、はたまた「おうち時間」の増加によって人々がスポーツ中継や漫画を屋内で観賞することが多くなったからなのか。

理由はさておき、今年の女子スポーツ作品の振り返りを行っていきます!

blog主としても、ずいぶんと放置していたこの「Winning Heroine」を再始動させることができましたし、ペースは月1回ほどになりそうですが、2022年も継続して更新していければ…!

まずは、時系列で1月から振り返っていこうと思うのですが、のっけから今年の最注目作品といっても過言ではないコンテンツの紹介です!

ウマ娘 プリティーダービー & シンデレラグレイ】

今年の「新語・流行語大賞」ノミネートや「ネット流行語100」大賞にも輝き、もはや一般層でも著名な人気となった「ウマ娘」関連。

そのコミック版となる「ウマ娘 シンデレラグレイ」の単行本発売となったのが今年の1月でした。

www.inside-games.jp

次にくるマンガ大賞 2021」でも堂々2位に輝き、コミックスでも話題を呼んだウマ娘ですが、2月にゲームアプリが配信されると(約3年の延期を経ていますが)、セールスランキングでぶっちぎりの1位を取り続け、あっという間に話題をかっさらっていきました。

当初は恋愛ゲーム寄り(アイドル路線)で開発されていたと思われる作品が、スポ根のベクトルに舵を切ったことが結果的にプラスになったような気はしますが、女子スポーツ作品好きとしても、この変更は個人的には非常にうれしかったりします。

(路線変更に関して、はてなblogでも様々な考察があり参考になりました!)

emesh.hatenablog.com

【もういっぽん!

2月に11巻が発売された村岡ユウ氏による女子柔道漫画「もういっぽん!」。
その後順調に巻数を重ね、現在16巻まで発売済みの今作ですが、なんと女子柔道作品としては久々のアニメ化製作が発表されました。

www.animatetimes.com

過去エントリでも書きましたが、実に「YAWARA!」以来30数年ぶりとなる女子柔道アニメ!!
個人的にもテンションが上がるニュースとなりました。

なんとか開催にこぎつけた東京オリンピックにおいても、柔道は一定の成果を収めましたし、柔道という競技そのものの魅力がもっとたくさんの人に広がってくれると嬉しい限り。

女子柔道作品としては、他にも「JJM 女子柔道部物語」「All Free! 絶対!無差別級挑戦女子伝」などが連載中で、意外にも女子スポーツ作品の中では根強い人気のジャンルなのかもしれません。

バトルアスリーテス大運動会 Re:START!】

実に24年ぶりの続編となった女子スポーツ大会作品「バトルアスリーテス大運動会」。
コミックやアニメとメディア展開が行われ、新たなヒロインたちがフィールドを駆け巡りました。

 

実はこの作品、企画のきっかけとなった発言が興味深いところ。

animeanime.jp

上記の記事内での企画、平田氏の発言を引用すると、

いくつか候補作があった中で、『バトルアスリーテス大運動会』に決まったのは、2020年に世界的なスポーツの祭典が行われる予定だったからです。もともとは、2020年を目指した企画だったんですね。それが諸事情で1年遅れることになると、偶然、スポーツの祭典の方も一年先延ばしになったという流れです

「世界的なスポーツの祭典」が何を指すのかは自明ですが、アニメにおける「大運動会」の描かれ方は、単なる"スポーツの祭典"の便乗モノとは一線を画す仕上がり。

開催の是非について意見の分かれた祭典ですが、その意義について図らずも考えさせられる結果となったシナリオだったのではないでしょうか。

【野球関連作品】

女子野球の決勝大会が甲子園で行われた2021年。
そんな中で、女子野球関連の作品も堅調でした。

【球詠】

アニメ化も達成した「球詠」はコミックスで10巻まで到達。

また、草野球女子が活躍する「松井さんはスーパー・ルーキー」

惜しくも終了が発表された女子プロ野球を盛り上げた、わかさ生活バックアップによる「花鈴のマウンド」。

女子プロ野球リーグ、無期限休止 | ロイター

さらに野球観戦に関わる女性やビール売り子を取り上げたコミックも盛況でした。

  • 「私を球場に連れてって!」
  • ボールパークでつかまえて!」
  • 「やきゅうみようよ!」

natalie.mu

女子野球ゲームアプリの「八月のシンデレラナイン」も2022年1月にコミックスを発売。

やはり、日本における「野球」人気は根強いものがありますね。

【女子ゴルフ関連作品】

10月のエントリでもお知らせしましたが、女子ゴルフのアニメ作品が来年早々に放映決定するなど、にわかに活況を呈しています。

winning-heroine.hatenablog.com

コミックス作品も様々なタイトルが発表。

12月で36巻が発売となる「オーイ!とんぼ」はどこまで刊行数を伸ばせるかに注目。
渋野日向子選手がモデルともいわれる「バウンスバック」や、佐倉おりこ先生の可愛らしい絵柄が魅力な「すいんぐ!!」。

そして異世界転生ものブームもここまで、というこんな作品も。

【惜しくも連載終了してしまった作品も…】

  • ギャルJK×卓球という新しい組み合わせの「リコさんぶっちぎりです!」
  • eスポーツのレースゲーム全国大会に挑む「命がけでもたりないのさ」
  • ポールスポーツを競技とショーの両面から描いた「シルバーポールフラワーズ」
  • アニメ化・劇場版と駆け抜けた「さよなら私のクラマー
  • 女子プロボウリング世界の裏側を覗けた「ストライク・オア・ガター」
  • 勢い任せで自転車日本縦断に挑んだ「旅ぎゃる!日本じゅーだんチャリきこー」
  • スポーツクライミングの熱き女の闘いを描いた「いわかける!! -Try a new climbing-」

スポーツ作品、特に女子スポーツ関連の漫画はどうしても読者層が限られてしまうためか、なかなか長期連載が難しいジャンルではありますが。

それでも2022年に向かって、これからも素晴らしい作品が増えてくることを期待しつつ、当blogを拝読いただいた皆様、よいお年をお迎えください!

来年もどうぞ女子スポーツ作品、ならびに当blog「Winning Heroine」をよろしくお願いいたしますm(_ _)m

【追記】

女子プロレスのスターダムが漫画化というニュースが。
ブシロード新日本プロレスの主要株主だったり、会長の木谷さん(ブロッコリーの社長というイメージが強い)がオーナーなので、今後は女子プロレスの漫画やアニメのメディア展開も期待できますね。

prtimes.jp