読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Winning Heroine

美少女×スポーツに夢中。

女性かんとく!

男女共同参画などと申しますが、ここ日本ではまだまだ管理職の女性は少なく、政治の世界で活躍する女性の数も少数派。

そしてスポーツ界でも、女子スポーツ選手こそ認知されてはきましたが、「指導者」となるとさらに状況は厳しくなります。

そんな中で先日行われたサッカーのアジアNo.1クラブを決める大会「AFCチャンピオンズリーグACL)」の予選で、とある出来事が話題となりました。

www.footballchannel.jp

そう、「ACL初の女性監督」が予選に登場したのです。

15/16シーズンの香港プレミアリーグを制した東方体育会足球隊、(通称イースタン)を率いるのは28歳の陳婉婷(チャン・イェンティン)監督。

初戦の広州恒大戦では地力の差を見せつけられ敗戦しましたが、川崎フロンターレをホームに迎えた第2戦で引分けとなり初の勝ち点を獲得。
またその試合でのとある"気遣い"も話題となったようです。

【ACL】イースタンSCの女性監督が見せた心温まる”気遣い”。チケット難民の川崎サポを自費で救済 | サッカーダイジェストWeb

「女性だから」という理由で、さまざまな場面で排除されてきたスポーツの現場にあって、これまでには相当な困難があったことも推察されますが、彼女の心意気と新年には頭が下がります。

細やかなファンへの心配りや繊細さ、そういった部分はむしろ女性だからこその強みともいえそうです。
これからもチャン監督には是非頑張ってほしいです!

 


 

サッカーの女子監督を話題にしたところで、昨日3/17に発売されたとあるコミックをご紹介。

プロ野球チームの監督に就任した小学生の女の子という大胆な設定のヤングジャンプコミックス、その名も「めいしょう」。

 

めいしょう (ヤングジャンプコミックス)

めいしょう (ヤングジャンプコミックス)

 

 帯文には「ありそうでなかった、"新型ベースボールヒロイン"登板!!」

ヒロインは表紙の金髪碧眼の11歳の少女、スーザン・ハモンド
(両親はアメリカ人だけど生まれは日本らしい)
稀代の名監督であった祖父から教育を受け、作中のプロ野球団、寺野レックスの監督を務めることになった才媛。

持ち前の野球知識と度胸と愛嬌?でチームを優勝に導いた実力を持つ彼女。
ライバルチームの監督(これまた可愛い女の子たち)との絡みも楽しいですが、作中で繰り広げられるスーさん(=ヒロインの愛称)の薀蓄披露も一見の価値あり!

金髪サイドポニーのキャラクターデザインもさることながら、快活ながら随所に見せる乙女心など、近年稀に見る個人的にどストライクのヒロインでした♪

残念ながら連載ではなく1巻読み切りのため、ゆくゆくは「めいしょう」の後日談や次回作を期待しつつ、この新しい「女子監督」ジャンルのさらなる深化を見届けていきたいと思ったのでした…

MOE2017

気がつけばすっかりブログを放置してしまった中の人です。

…3月ですがあけましておめでとうございます(遅

 

スポーツ少女分が足りない!と思っていた近頃でしたが、pixivにてスポーツ少女をテーマとした電撃萌王のイラストコンテストが告知されておりました。

http://imgaz.pixiv.net/upload/20161213/544111789.png

募集は2月27日で締め切られましたが、今回も素敵な作品が多数投稿されておりましたので気になる方はpixivの【MOE2017】タグを検索してみてください(*´ω`*)

 

 

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

www.pixiv.net

 

マイナージャンルのスポーツ少女ではありますが、開催中に珠玉の作品がたくさん集まって眼福でございましたですよ(*´∀`*)

やきゅじょし!

熱戦が続くプロ野球日本シリーズ
カープの25年ぶり優勝、そしてDH→リリーフで165km/hの大谷選手。

記憶に残る2016年シーズンの野球界の盛り上がりとともに、コミックでも女性をフィーチャーした野球作品がちらほらとリリースされています。

 

続きを読む

まどんなじゃぱん

full-count.jp

カープ優勝の影にすっかり隠れてしまっていますが、女子野球W杯「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」決勝戦。

日本はカナダを相手に圧巻の10-0のスコアで見事5連覇を達成しました。

サッカーに比べると、野球に取り組む地域が狭く、プレイ人口も少ないとはいえ、ほとんどライバル不在ともいえる突出した力をもつ日本女子野球。

野球=男子がやるもの、という固定観念は今でも根強く、高校野球の女子マネージャーが練習にすら参加できないというニュースを先日も紹介しましたが…

 いつの日にか当たり前のように、女性が野球をプレイし、楽しめる日が来るといいなぁと思っております。

 

そういえばカープの試合の観客の男女比ですが、こんなニュースも。

www.47news.jp

球団の努力もあるのか、ついにマツダスタジアムでは女性の来場者の割合が上回ったようです。

サッカーでは日本代表の試合に若い女性の姿も目立つようになりました。
確実に女性がスポーツを楽しむ環境が整っている近年。
「観る」だけでなく、「プレイする」女性が増えて、いつしか高校野球のように甲子園を目指す女の子たちの姿を見たいものです。

 

いつしか、こんなゲームの世界が夢物語ではなくなる日が来ることを願いつつ…
これからも日本女子野球界のさらなる発展を見守っていこうと思います。

hachinai.com

がるふと!

なでしこジャパンを扱ったソーシャルゲーム「なでサカ」や、美少女×野球がテーマの「野球しようよ♪ガールズスタジアム」などのタイトルがあるアクロディアから、美少女×サッカーを題材にした新タイトルが発表されたようです。

www.acrodea.co.jp

その名も『ガルフト!~ガールズ&フットボール~』

選手カードの組み合わせでチームワークを深めて選手を育成していくスタイルのようです。
ガールズスタジアムのサッカー版的イメージ?

GREEで事前登録開始。

f:id:vflbochum:20160831000944j:plain

水着レアカードは抽選でもらえるようです。

f:id:vflbochum:20160831001002j:plain

なんとなく広告がシンイレっぽいのは気のせいか…

配信は2016年10月予定。
最近は少しずつ女子サッカーを扱ったゲームのタイトルも増えてきましたが、ジャンル的にはまだまだマイナーなのでバリエーションが増えるのは嬉しいところではあります。

はんどすたんど!

連日の熱戦が続くリオオリンピック。

そんな中で、日本のお家芸体操で男子団体が金メダルを獲得しました!
そして、その活躍に刺激を受けたか、女子団体でもメダルまであとわずかとなる4位へ躍進。
東京オリンピックでのさらなる飛躍に期待が持てる結果となりました(^^)

www.asahi.com

決勝での演技開始当初は若干の硬さも見られましたが、非常に集中したパフォーマンスで演技後はみんなで笑顔でハイタッチするシーンがとても印象的でした。

寺本選手は段違い平行棒の演技後にマメが破れていて、見ているこちらも痛そうでしたが、それを感じさせない出来栄えでした。

今回、全員が大きなミスなく自分の演技をやりきったことで、充実した表情がうかがえましたし、何よりチームの雰囲気がとても良かったです。

やはり団体はチームワークが大事だな、と改めて感じますね~


さて、そんな体操を扱った女子スポーツ漫画が先日マンガタイムきららレーベルから発売されました。

その名も「はんどすたんど!」

f:id:vflbochum:20160810091436j:plain

きららお得意のほのぼの4コマですが、体操部ならではのエッセンスや競技解説もしっかりと盛り込まれていて、体操を知らない方も楽しめる一冊です。

※ちなみに写真の右側の小冊子はメロンブックス限定特典

ここ最近紹介してきた女子スポーツ漫画さん、デビュー作が続いていましたが…この作者の有馬先生も人生初の単行本。
今どきの新人さんはニュータイプなのか!?初作品でこのクオリティには圧巻です。

あらすじとしては、北海道のとある高校に所属する体操部の女の子4人+女性顧問が繰り広げる日常。帯文の「毎秒笑える」の通りギャグ要素が強いですが、主人公のななみが色々とセンスあふれるおどけた性格なので彼女の言動を中心にメンバーが振り回される様子を見るのが楽しい漫画です(謎

はんどすたんど!  (1) (まんがタイムKRコミックス)

はんどすたんど! (1) (まんがタイムKRコミックス)

 

 まぁとりあえず百聞は一見にしかずという事で、体操団体女子の活躍が気になった方はチェックしてみると良いかもしれません…というわけで作者様による書店別購入特典まとめ置いておきますね。

ちゃれんじあっぷ!

4年に一度のスポーツの祭典、リオデジャネイロオリンピックも開催され、これから熱戦が続きそうな今日このごろ。

日本からはちょうど反対側なので、なかなか中継の時間が合わないのが残念ではありますが…

今回紹介するのは、7月25日に発売になった集英社の少女漫画レーベル「マーガレット」より『Challenge Up!』。

f:id:vflbochum:20160807222854j:plain

表紙をご覧になれば想像はつくかと思いますが、久々に女子テニスを題材にしたコミックスが登場です。
著者は初コミックスとなる鈴木手毬氏。

帯にはテニプリ許斐剛先生の応援メッセージも。

女子テニス漫画といえば1970年代に一世を風靡した「エースをねらえ!」が挙げられますが、残念ながらそれ以降は目立った作品が輩出されず、スポ根ものジャンルの衰退とともに商業で連載される作品はほぼ皆無と言える状況になってしまいました。

しかし、2020年に東京オリンピックが開催決定し、少しずつではありますが女子スポーツ漫画の風向きが変わってきたように思います。

『Challenge Up!』の主人公、心侑(みゆ)は幼少期のとある男の子との約束を胸に、プロテニスプレーヤーになる決意をします。

実力や練習量では同じテニススクールのライバルに見劣りしますが、その「約束」と根っからの負けず嫌いな性格、そして隠された才能を武器に、ひたむきにプロを目指します。

最近ではこういったピュアなスポーツ少女漫画作品というのは珍しくなってきたのか、今どきの少女たちにはむしろ新鮮に映るのかもしれません。
マーガレットというファンタジー要素が色濃い作品群の中では確かに異彩を放ってはいますが、近頃の陰鬱とした世間の空気感を打破するようなエネルギーを、この作品は持っているような気がします。

「努力することが格好悪い」とする昨今の風潮とあいまって、暑苦しいスポ根ものはもはや絶滅したかと思われていましたが、しかし、そんな時代だからこそ、一途に夢をあきらめず最後まであがき続ける、そんな心侑の情熱と心意気が、世界を少しずつ良いものにしていくのだと、私は思うのでした。

 

Challenge Up! 1 (マーガレットコミックス)

Challenge Up! 1 (マーガレットコミックス)

 

 

さて、リアルの日本テニス界では、錦織圭選手ばかりがクローズアップされるところですが、土居美咲さんや日比野菜緒さんをはじめとした、美しくも力強い女子選手たちの活躍を期待したいところ。

また、大坂なおみ選手のような次世代型を担う若手プレーヤーも台頭し、日本の女子テニス界の未来は決して暗くありません。

2020年の東京オリンピックに向けて、さらなる飛躍を遂げるであろう女子テニス選手たちを応援しつつ、『Challenge Up!』のこれからを見届けていこうと思っています♪